シャン州、インレー湖のほとりにあるタンボジセンターは、優秀ながらも経済的な理由により高校進学を断念せざるを得ない状況にある子供たちを受け入れる施設です。シャン州南部の様々な場所から集まった高校生が、センター内にある寄宿舎で共同生活を送りながら、2年間かけて様々なことを学びます。自転車で45分ほどかかる高校に通い、学校に行っていない時間は有機農業や畜産業の勉強をします。

52エーカーある広い圃場には、マンゴー、パパイヤ、ジャックフルーツ、みかんなどの果樹がたくさん植わっています。鶏舎と豚小屋もあります。畑では、グリーンヒルに出荷する日本の野菜やミャンマーの野菜をたくさん植えています。生徒を3グループに分け、どのグループが一番グリーンヒルで人気の野菜を作れるか、競いながら頑張っています。皆、自分のグループが勝つように、休憩もとらずに畑の世話をすることも!

他にも精米所、鶏餌用のトウモロコシ畑など、いろいろな施設があります。インレー湖のほとりにあるセンターなので、インレー湖観光にお越しの際は、ぜひ見学に来てください!

有機農産物や平飼い有精卵を生産し、ヤンゴンのグリーンヒルで販売、売り上げをセンターの運営資金として活用するといういい循環が生まれ始めています。

タンボジセンターの運営費は、里親さんからのご支援と、野菜や卵の売り上げで賄っています。里親さんを募集しています。興味がある方は、以下のリンクより、地球市民の会までお問い合わせください。

 

greenhillタウンジーオフィス

Author profile

Author recent post

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Facebook

Recent Comments

    July 2017
    M T W T F S S
        Aug »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

    Recent Comments

      July 2017
      M T W T F S S
          Aug »
       12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31  
      Return Top